就活から始まる物語

学校に馴染めなかったあなたが社会で楽しく生きていく方法。

「どうしてもやりたくないこと」が「やらなければいけない仕事」だったらどうしたらいいか

こんな人向けに書きました。

  1. 就活の面接が嫌で仕方ない人
  2. 会社がつらい人

特にこんな性格の人にぴったりの記事です。

  1. 学校から早く帰りたくて仕方なかった人
  2. 学校行事が苦手だった人
  3. 大学の大教室が苦手だった人

こんなこと書いてます。

「やるべき」と思っていることができないストレス

学校が苦手だったあなたは、おそらく他の人が普通にやっていることにストレスを感じてしまいます。
飲み会に参加すること、人前で何かすること、大勢の人がいる中で作業すること。
そして、この記事にたどり着いたということは、それを人一倍気にしているということです。

そんな時にどうすればいいかを書きます。

「やる」という選択肢

「やらない」といつまでたってもストレスは消えません。
自分が「やりたいか」「やりたくないか」考える前に始めて終わらせるのが吉です。
感情が生じる前に動き出しましょう。
とにかく終わらせることだけに集中しましょう。

これは自分が実践してみてうまくいった方法です。
「やること」に怯んでいるといつまでたっても始められず、どんどん追い込まれます。
「やる」と決めて始めて「どうすればできるか」を考えるようになります。

逆に「やる」と自分で決意できないことはできません。
早めに「できないこと」を伝えましょう。

「やるべき」状況をなくす選択肢

自分が「やる」と決められないことは、どうせできません。
そもそも「やらなければいけない」状況から抜け出す必要があります。

どうしたらそれができるか。

自分の意志を持って、はっきりと断ることです。
人の反応を気にせずに、自分の意志を突き通すことです。
そもそもそれができれば、この記事を読んでいないかもしれませんが。

どうしても「できない」仕事は断る。
どうしても抜け出せないないなら、会社を辞めることを考える。

会社にいると、自分の「できない」にばかり目が行きがちです。
でも、あなたにもできることはあるはずです。
「できること」に集中してみましょう。
「できること」で稼ぐ方法を徹底的に探しましょう。

「できること」で稼げるようになれば、自分に自身がつきます。
自分に自身がつけば、自己主張ができるようになります。
自己主張ができれば、会社にも居場所が作れるようになるかもしれません。

稼げる方法はあります。
簡単にはいかないかもしれないです。
それでも、自分で全て選択して、自分で全て責任を追って、自分で全て何とかしていくという辛さを選べます。

「できること」で稼ぐ方法を見つける

有名どころはランサーズです。
どんなスキルがいくらくらいで売れるのか、どのくらいの依頼があるのかを知ることができます。

クラウドソーシングで稼ぐ

ランサーズよりも気楽に依頼、受注ができるのがココナラです。

似顔絵・イラスト・漫画で稼ぐ

デザインで稼ぐ

ライティング・ネーミングで稼ぐ

Webサイト制作・Webデザインで稼ぐ

音楽・ナレーションで稼ぐ

翻訳・語学で稼ぐ

動画・写真・画像で稼ぐ

IT・プログラミングで稼ぐ

自分の労働力そのものを売るのが嫌だという人は「コンテンツを売る」という手があります。

ライティングが得意な人はスキルを文字に起こして売りましょう。
noteなら簡単に有料コンテンツが売れます。 テキストベースのコンテンツを売る

話すことや説明することが得意な人は動画講座を作って売りましょう。
世界最大級の動画学習プラットフォームUdemyでインストラクター登録してみましょう
動画講座を売る

学校と会社は本質的に変わらない

会社は学校と同じようなものでした。

早く帰りたくて仕方がない。
会社の飲み会や行事が苦手。
オフィスは人で溢れかえっている。

違う点は、在籍期間が長いこと、給与を受け取っているということです。

期間が長いので、あと◯年耐えれば大丈夫という踏ん張りがきかない。
給与を受け取っている=責任が発生するので逃げられない。

学校よりも更に居づらいのが会社でした。
就職できずにバイトを続けていた方がよかったのではないかと思いました。

会社で長く働いている人をみて、本当にすごいと思いました。
毎日やりたいこともやりたくないこともきちんとやって、うまくいってもいかなくても自分の仕事を続けられる。

それができないのは、無駄に完璧主義で失敗を恐る自分の性格、人目を気にしすぎる自分がいけないのだと思いつつも、変わろうとできしない自分がいる。
やるべきことがわかっているのに、できない自分にイライラする。
やるべきことなのに、やろうとしない自分にイライラし、組織の中では萎縮する。

そんな毎日を積み重ねると、精神的に追い詰められます。
どうしらいいのか分からなくなります。
絶対にやりたくないけれど、やらなければいけないことが多すぎて耐えきれなくなります。

その結果、私は後先考えずに辞めるという選択肢を選んでしまいまいした。
そうなる前に、まだ余裕があるうちに自分の思考と行動を変えていきましょう。

【ブログ初心者】アクセス数ゼロから脱却する方法

こんな人向けに書きました。

  1. ブログを始めたけれどアクセス数がほとんどゼロの人
  2. とりあえず1日10PVは欲しい人
  3. あまり記事数は書けないという人

どこに注力すればアクセスゼロを脱却できるかを書いていきます。
私は月間PV100程度の弱小ブロガーです。数万、数十万PVを稼ぐ方法はわかりません。
ですので、対象はブログを始めたばかりで全くアクセスがないという人です。
毎日コンスタントにアクセスをゲットできるようになる為の方法を書いていきます。

記事を移動しました。

www.codinglesslife.com

業界研究・企業研究に使えるサイトとツールまとめ

こんな人向けに書きました。

  1. 業界分析、企業分析がしたい人
  2. データを基に業界研究・企業研究を進めたい人

こんなこと書いてます。

日本の労働環境、産業を知る

統計ダッシュボード

dashboard.e-stat.go.jp

経済産業省が作成した統計データ可視化ツールです。

おすすめポイント

主要な統計データがまとまっている
グラフ化されている
国が情報提供元なのでデータの信用度が高い

国や民間企業等が提供している主要な統計データをグラフ等に加工して一覧表示し、視覚的に分かりやすく、簡単に利用できる形で提供するシステムです。
よく利用される統計データは、あらかじめグラフ表示していますので、データの経年変化(時系列)や地域による差の比較がすぐにできます。グラフ上で項目の説明やデータソースとなっている統計調査名を見ることもできます。

日本の労働環境を知る

産業別の景気動向を知る

経済産業省のミニ分析レポート

経済産業省では、データの活用を推進しており、分析レポートや分析補助ツールを公開しています。

どのような経済指標がどの業界に影響を与えるのかを知ることができます。

いわゆる人手不足業種の背後にあるものは何か?;求人意欲と、アウトプットレベル、労働生産性の関係 PDFファイル
日本の2大コンテンツ、ゲームとアニメの制作企業の実像を比較する PDFファイル
平成28年上期のビューティー・ビジネス・インデックス(BBI)と鉱工業生産を動かす化粧品生産の動向 PDFファイル
ミニ経済分析|サービス業・製造業の解説・分析レポート・統計|経済産業省

経済産業省のミニ経済分析を見てみる

業界を知る

日経ビジュアルデータ

近年話題の社会事象をデータから読み解くコラム記事です。

おすすめポイント

  • 目で見て楽しいきれいな図
  • イムリーな話題

日経ビジュアルデータを見る

業界地図

定番です。視覚的に見やすく、業界内の各企業の分類、関連性が見えるのも良い点です。
色々な業界を網羅的に見たい人にもおすすめです。

四季報を出している東洋経済報社の業界地図です。
一番の有名どころです。
数値データやグラフも充実しています。

合同説明会に参加すると無料でもらえることもあります。

日本経済新聞出版社の業界地図です。

ビジネスリサーチジャパンの業界地図です。

企業を比較する

Ullet

www.ullet.com

財務諸表をチャート化してくれるサイトです。利用は無料です。
簡単に財務諸表の見方を学んでから使うことをお勧めします。

財務諸表の読み方を初めて学ぶ人にはこの本がおすすめです。
実際に簡単なチャートを書きながら進めていきます。
手を動かしながら学べるので退屈しにくいです。

任天堂ANAJALなど、就活でも人気の企業が引き合いに出されているのもポイントです。
実例を使いながら、財務書評の読み解き方を学べます。
数値を基に、業界の特徴、企業の特徴が分析できるようになります。

この本を読んでからだと、Ulletがいかに便利か分かります。
教養の大切さも理解できます。
3日あれば財務諸表について理解し、Ulletを使いこなして企業分析できるようになります。
客観的なデータに基づいた企業比較で冷静な目で企業を選びましょう。

財務分析.jp

www.financial-analysis.jp

「財務分析.jp」は、上場企業約4000社の財務データを分析し、企業・業種のランキング付けをしています。
企業や業種の財務データや分析結果を必要とする個人投資家や、役職者・経営者・営業職の方向けに分かりやすくデータを提供しているサイトです。

企業、業種別のランキングを見ることができます。
就活であまり聞かない企業が多く、穴場の優良企業が探せます。

財務分析ランキングを見る

定性的な情報を集める

関連キーワード取得ツール

f:id:Natsu00:20190601101357p:plain
関連キーワード取得ツール

ポジショントークや個人の感覚や意見といったバイアスがかかっていないピュアな情報から実態を探ることができます。

  • 無料で利用できる
  • 関連キーワードから業界の雰囲気をつかめる
  • Yahoo!知恵袋教えて!Gooといった質問サイトも同時に検索される
  • 無駄を排除したデザイン

実際大手SIerで働いてみた実感と、「SIer」を検索した結果はマッチしていました。
多くの人が検索する関連ワードは、その業界の実態を反映していると思われます。

関連キーワード取得ツールを使う

大手に勤めているけれど会社を辞めたいという人へ。

こんな人向けに書きました。

  1. 仕事が辛すぎて今すぐにでも会社を辞めたい人。

 こんなこと書いてます。

辛いけれど耐え抜かざるを得ない人

我慢することは全然偉くない

人がやりたくないことをやれる人は大成する

それは嘘です。
やりたくないことをやり続けるのは辛いです。

できるようになれば楽しくなるという人もいるでしょうょう。
そう思える人はそのままでいいです。

この記事は、今の辛さを耐え抜いて、もがいて、何か結果を出しても自分は幸せにならないと確信してしまった人向けに書いています。

辛いことは本当にやめられないのか

会社のすべてが辛いわけではなくて、特定の何かだけが辛いという人はメモを用意してください。

まず、自分が辛いと思うことを思いつくだけ書き出してください。

次に、仕事を3つに分類してください。

あなたのお客様がお金を払ってでもあなたにやって欲しいと思うであろう仕事には◎をつけましょう。

お客様がお金を払うかは別として、ビジネスを維持していくために必要な仕事(法務や財務など)に◯をつけましょう。

お客様がお金を払わず、ビジネスを維持する為にどうしても必要なわけではない仕事には×をつけましょう。

×がついた仕事はやらなくていいです。
上司に相談しましょう
業務効率化の為に不要な業務は無くしたいといえば良いでしょう。

1つずつ辛い仕事を消していきましょう。

自分を殺さずに辛い状況に耐える方法

自分の内面を殺さずに、辛い現状に耐えきる方法がたった1つだけあります。
それは、辛さに意味を見出すことです。

ひとりの人間が避けられない運命と 、それが引き起こすあらゆる苦しみを甘受する流儀には 、きわめてきびしい状況でも 、また人生最期の瞬間においても 、生を意味深いものにする可能性が豊かに開かれている 。勇敢で 、プライドを保ち 、無私の精神をもちつづけたか 、あるいは熾烈をきわめた保身のための戦いのなかに人間性を忘れ 、あの被収容者の心理を地で行く群れの一匹となりはてたか 、苦渋にみちた状況ときびしい運命がもたらした 、おのれの真価を発揮する機会を生かしたか 、あるいは生かさなかったか 。そして 「苦悩に値 」したか 、しなかったか 。

夜と霧 新版

夜と霧 新版

厳しい環境を、

BATNAを用意すると気持ちが楽になる

BATNAとは、Best Alternative To a Negotiated Agreementの略で、交渉が決裂した際の最善策のことです。

たとえば転職で複数の会社と面接を続けているとします。1社に内定を持っていると、他社と交渉する際に、この内定が「合意が成立しない場合の最善の案」= BATNAとなります。 交渉上手は頭の中にBATNAやZOPAなどの構造を描く | GLOBIS 知見録

辞めようと思えばいつでも辞められる状態を作ること。
そうすれば、会社ではなく、あなたが主導権を握れます。

あなたが会社に求めているものを代替できる何かをみつけましょう。

後先考えずに辞めようとしている人へ

まずは休もう

自分が思いっきりリフレッシュできることをやりましょう。
森に行ってみましょう。
動物と触れ合ってみましょう。
旅行に行ってみましょう。
温泉に行きましょう。
休暇が取れるなら休暇を取りましょう。
友達と会って話してみましょう。
小説を読みましょう。

余裕がない時は、一旦自分を仕事から切り離してみましょう。
環境を変えて頭をリセットしましょう。

嫌なことがあるなら嫌と言おう

この記事でも書きましたが、とにかく嫌なら嫌ということはとても大切です。
言わなければ伝わらないし、言えば伝わることもあります。
何より、何も言わない人の気持ちは汲み取ってもらえません。
何でもかんでも基本言ったもの勝ちです。

戦略、つまり経営資源の配分先は、結局のところ Preference(好意度)、 Awareness(認知)、 Distribution(配荷)の3つに集約されるの です。 問題のあるビジネスのたいていはプレファレンス以前に、「認知」と「配荷」にわかりやすい大きな問題があります。

プリファレンスは消費者の好みのことです。
会社に当てはめれば、上司のお気に入りになれるか、上司に認められるかということです。
つまり、自分の希望が実際に通るかはプレファレンスに左右されるとここでは考えます。

認知とは、そもそも知ってもらっているか、相手の選択肢に入っているかということです。
そもそも、自分が今辛いんだということを認知してもらっていなければ、
他の人があなたの辛さを軽減するために動く可能性はゼロです。
よって、あなたの状況が変わる可能性もゼロです。

自分が望まない環境にいる第一の理由は、自分の希望を伝えていないことです。
知ってもらうことが大前提です。

とにかくまずは自分の辛さを伝えましょう。
そして、やりたくないことははっきりやりたくないと伝えましょう。
やりたいことを伝えましょう。

それでも、自分の勝手な都合で何かを断るなんてだめだと思う人、
うまくできない自分が悪いんだと思う人、
特にやりたいこともないから今やっていることがやりたくないなんて言いにくいという人は
この記事を読んでみてください。

syukatsu.hateblo.jp

辞めたあとを疑似体験する

辞めるという意志を周囲に表明する前に、これだけはやってみておいて欲しいということがあります。

それは、自分はどんな辛さが嫌で、どんな辛さなら耐えられるかということです。

私は会社を辞めると言ってしまってから気づきました。

大企業の待遇の良さ、辞めれば家も収入もなくなること。
今の自分には一人で稼ぐ力も、希望する職種に転職するスキルもないということ。
ウェブライディングでは4時間かけて書いた記事が承認されず、ブログはアクセス数一桁、アフィリエイトの審査には落ち、転職で応募しても書類審査落ちです。

世の中そう甘くありません。
辛いことから逃げるために辞める、楽したいから辞めるは通用しません。
結局何らかの辛さからは逃れられません。

でも、絶望することはありません。
なぜなら、「辛さのベクトル」を変えることはできるからです。

人の間に入って調整するときの辛さには耐えられないけれど、
いくらブログを書いてもアクセスがないという辛さには耐えられるかもしれません。

毎日毎日満員電車に乗って会社に行くことには耐えられないかもしれないけれど、
安アパートで貯金を切り崩しながら生活して行く辛さには耐えられるかもしれません。

自分がどんな辛さになら耐えられるのか、実験してみると辞めるという決断に自信が持てます。
まずは、もし今の辛さから逃れられたとして、どんな試練が待っているかを疑似体験してみましょう。

人それぞれやりたいことは違うと思いますので参考になるかは分かりませんが。
私がやってみたことを書きます。

クラウドソーシング

クラウドソーシングをやってみる

自宅でもできる仕事がたくさんあります。

IT系 メディア系 その他
システム開発・運用 ライティング・ネーミング タスク・作業
Web制作・Webデザイン マルチメディア ビジネス・事務・専門・その他
デザイン制作 翻訳・通訳サービス

登録してみてこんなことが分かりました。

  1. 自分のスキルでお金になりそうなスキルはあるか。
  2. 依頼のレベルはどのくらいか。
  3. 契約獲得の競争率はどのくらいか。
  4. 自分はやっていけそうか。

クラウドソーシングをやってみる

ライティング

ライティングをやってみる

契約が先行するのは敷居が高いなと思う人には、ザグーライティングがおすすめです。
時間制限ありのタスク型で仕事ができます。
希望のテーマを選択するだけでライティング画面が立ち上がり、タイマーのカウントダウンが始まります。
制限時間内に終わらないとゲームオーバーという形式です。

アフィリエイトASPが一般公開されてないようであまり紹介されていませんが、気楽に何か始めて見たい人にはおすすめできます。

やってみて思い知ったこと 1. 記事を書くのに思った以上に時間がかかる。 1. コピペに厳しい。少しでもネットの情報をコピペすると審査に通らない。 1. 制約が多く、その中で書くのが難しい。

ライティングをやってみる

大手SIerが向いている人、向いていない人。

こんな人向けに書きました。

  1. 大手SIerへの就職を考えている人
  2. 大手SIerが合わないなと思い始めた人
  3. 大手SIerを辞めようかなと考えている人

こんなこと書いてます。

SIerとは?

SIerはSystem Integrator(システムインテグレーター)の略で、主に非IT企業や官公庁等のITシステムのコンサルティング、設計、開発、運用、ハードウェアの選定等を一括で請け負うことを事業としている企業を指します。

こんな会社がSIerに分類されます。

f:id:Natsu00:20190528070223p:plain
SIerの分類

SIerとは何か | サービス | プロエンジニア

詳しくは、上記リンクSIerとは何かをご覧ください。

特にこんな業務をする場合の向き、不向きを書いていきます。

ここでは、SIerの職種の中でも、SEに絞って話を進めます。 中でも技術研究や開発特化の人ではなく、一般的な現場で開発・運用・保守を行う場合を想定しています。

こんな人はSIerに向いています。

学校行事が好きだった
休み時間はいつも友達と話していた
お節介な人
誤植によく気付く
友達と旅行に行く時に自分が計画を立てる

学校行事が好きだった

これはSIerというよりは、大企業向きの性格という方が正しいかもしれません。
大きい企業は慣習的に忘年会や新年会、決起会などが行われます。
宴会で出し物をしないといけないなんてこともまだまだあります。

そういうことが大嫌いでどうしてもやりたくないという人にはお勧めしません。
私は年2回の新年会、忘年会と2ヶ月に一回程度の歓送迎会が嫌で仕方なく、それが辞める理由の一つでした。

休み時間はいつも友達と話していた

SIerでは特に、認識相違が後々大きな問題になります。
設計書を修正し直し、コーディングをし直し、テストをし直し。
手戻りが発生するとかなりの手間とコストが発生します。

それを防ぐためには、常日頃からなるべく多く顧客や関連システムの担当者とコミュニケーションをとり、
明らかになっていない認識の違いを洗い出して行く必要があります。

私は人と話すのが苦手です。初対面だと特にだめで、いちいち尻込みしていると全く情報を収集できません。
結果わからないことがわからないままに放置され、後々大きな問題になります。

お節介な人

自分のことだけでなく、他の人がうまくできているかも気になって、ついついお世話を焼いてしまう人はSIerに向いています。

SIerの仕事は規模が大きいことが多く、自分の担当部分が問題なくいったとしても、それだけで仕事は終わりません。
すべての部分が滞りなく終了して初めて終了です。

なので、事前に自分の担当以外の問題点にも気付けないと、プロジェクトはスムーズに進みません。
関係者との連携が必要なことも多々あり、事前にどの作業は誰の作業が終わらないとできないか、どういう状態にしておいてもらわないと行けないかを調整する必要があります。
本番になって初めて連携が取れていないことに気付くというのでは、毎回トラブル続きです。

時間はかかるし消耗します。

事前に何を調整すべきか全て洗い出し、完璧に進められればきっととても達成感があります。
お節介で担当部分以外でも色々なところが気になってしまう人は、こういう調整や課題の洗い出しが自然とできます。

そういう人にはとても向いている仕事です。

誤植によく気付く人

誤植に気付ける人、言葉の使い方、文章の正確さにこだわれる人は向いています。

SIerはシステムを複数人で、長期間に渡って運用・保守していきます。
開発の手戻りを減らすために正確に情報をやりとりする必要があることはもちろん、
作成したドキュメントは、後々担当することになるまったくそのシステムを知らない人にも伝わるように作らなくてはいけません。

そんなとき、誤植は命取りです。
作成した本人なら、それが取るに足らない間違いであることはわかり、すぐに読み替えができるでしょう。
しかし、それを初めて見た人は、何が正しいのかわかっていません。
一部間違った記載があればそれだけで混乱します。

SIerはチームで長期的にシステムを運用していきますし、少しの認識齟齬が大きな問題に発展します。
その為、誤植をしない注意力、細かい点まで気を配れる性格は確実に重宝されます。

友達と旅行に行く時に自分が計画を立てる

SIerの仕事は計画を立てて、その計画通りに遂行して行くことが求められます。
一旦計画が承認されてしまえば、その計画と違うことをすることは困難です。
あらかじめ様々な問題を想定した網羅的で妥当な計画を立てる必要があります。

その為には、下調べや過去事例の調査、所要時間の計算とスケジューリングなど、綿密な準備が必要になります。
友達との旅行の計画を自分で立てる人は、そういった下調べやスケジューリーングに長けている、
あるいはそれが苦にならない人だと思います。

そういった人は、計画を立てる際の勘所もわかっているので、経験がそのまま活かせます。

こんな人はSIerに向きません。

学校行事が大嫌いだった人

チームで何かをするのは苦手と考えていいでしょう。
学校行事が嫌いな人=人とわいわい何か作り上げることに意味を感じない人、学校は勉強する場だと割り切っている人ではないかと思います。
これを会社に当てはめると、飲み会・宴会が嫌いな人です。学校行事はサボろうと思えばサボれますが、会社の行事は業務時間内に組み込まれていたり、幹事を任されたりもします。

教室にいるのが苦痛だった人、放課後逃げるように家に帰っていた人

人がたくさんいる場にいるのが苦手な人に大企業は向きません。
そもそも、会社で働くのに向いていない可能性もあります。
会社ではだ一つのオフィスで大量の人が働いています。
そういう場にいるのが辛いという人は、ただ出勤して席に座っているだけでも相当程度のストレスを感じることができます。

大企業に就職するのはやめるか、リモートワークが導入されている大企業を選びましょう。

他人に無関心な人

多くの人と連携を取ることが求められる仕事です。
他の人がやっていることに興味を持って、誰が何をやっているか把握していないとやっていけません。
他人に無関心な人は、この基本動作がなかなかできません。

収集できる情報量が減ります。
この業界において、本当に大切な情報は人が持っています。
ドキュメント化あるいは共有されていないことも多いです。

知っている誰かを特定し、さらにどんどん情報を引き出す力が求められるのです。
これができないと、仕事が進まず苦労します。

テストで見直ししているのにケアレスミスで点数を落としていた人

書類のミスはとても致命的です。
正確に書かないと差し戻されます。
認識齟齬が生じて思わぬところで困ったことになります。

場所、時間、人名、会社名、一つ間違えただけで平気で6~7時間遅れが出ます。
なぜなら、大手SIerは承認プロセスがえげつないから。
少なくて3人、多いと20人近くの承認者に承認してもらわなければ物事は動きません。

自分が書類のチェックをしなければいけないことも多くあります。
間違いに気付けないと仕事になりません。

旅行計画はいつも人任せな人

大手SIerの仕事に計画はつきものです。
開発計画書を書いて、その通りに実行することが求められます。
思っていたのと違ったから、計画と違うことしますというのは許されません。

また、自発的に計画を立て実行するというのが好きでない人にとって、
「計画を立て、人と資源を集めて調整し、マネジメントして何かをやり遂げる」
というSIerの醍醐味は全く刺さらないと思われます。

こういう類のことに意味を感じられない人にとって、
大手SIerの仕事は楽しくない、何のためにやっているのか分からない、向いていないつらい仕事となってしまいます。

たくさんの人と協業し大きなプロジェクトを進めて完遂するということは、
やる人がやればとてもやりがいと達成感のある仕事だと思います。
ただ、そういうことに興味が持てない人にはおすすめできません。